フェロモン香水 作り方

フェロモン香水を使って彼の心を惹きつけたい!そんな願いを叶えてくれるフェロモン香水は自分で作ることもできるのです。誰でも簡単にマネできるおすすめのフェロモン香水の作り方をご紹介します!
MENU

フェロモン香水の作り方!意外と簡単に作れる男性を惹きつける誘惑の香り

特別な夜やマンネリ気味のカップル、初めてのデートのタイミングにつけることで、男性を惹きつける効果があると人気急上昇中のフェロモン香水の作り方って意外と誰でも簡単にできるってご存知でしたか?

 

フェロモン香水なんて自分で作られるの!?と思われる人も多いと思いますが、材料さえあれば香水の知識がなくても、細かい作業が苦手な不器用さんでも簡単に作ることができます。

 

一度作り方を知っておけば、ブレンドする精油を変えて、自由に香りの変化を楽しむことができるので早速作ってみましょう!

 

 

<フェロモン香水の作り方【材料】>

 

・エッセンシャルオイル 数種類
・香水を入れるガラス製のスプレーボトル容器
・無水エタノール 5ml
・精製水orミネラルウォーター 10ml
・フェロモン効果のある精油(ジャスミン、ローズ、サンダルウッド、ジャスミン) 1~2本

 

普段使わないものばかりなので、揃えるのが大変そう…と思われる人も多いと思いますが、ネットで購入すれば全て簡単に手に入れることのできる材料ばかりです。

 

 

<フェロモン香水の作り方【手順】>

 

@無水エタノールを容器に入れます。
A好みのエッセンシャルオイルを容器に入れます。
Bフェロモン効果のある精油を30滴入れます。
C最後にミネラルウォーターを入れて蓋をし、よく振りましょう。
D5日~1週間ほど熟成させれば出来上がり!

 

フェロモン香水の作り方はたったこれだけでいいので、これなら誰でも簡単に作ることができますね!

 

色々アレンジもできるので、自分好みのフェロモン香水を飽きることなく、楽しむことができるのもポイントです。

 

 

<作り方も簡単なフェロモン香水!自分で作っても効果はあるの?>

 

市販されているフェロモン香水じゃなく、オリジナルのフェロモン香水でも効果を感じることができるのでしょうか?

 

作り方も意外と簡単ですし、本当に効果があるならフェロモン香水を自分で作ってみたいと言う人も多いですよね。

 

フェロモン香水に必要な材料と手順を間違わなければ、オリジナルで作ったフェロモン香水でも男性を魅了する香りを作ることができます。

 

ただし、市販されている人気のフェロモン香水に含まれているオスモフェリンという男性を惹きつけ、女性としての魅力をアップさせる作用がある成分を配合させることができないので、オスモフェリンが配合されていない分、強い効果を感じることができない可能性もあります。

 

しかし、自分で手軽に作れて、男性だけでなく、女性からも人気の香りをカスタマイズできる楽しみがあるので、自分で何か作るのが好きな人にはおすすめです。

 

 

<フェロモン効果のある精油の入れすぎには注意>

 

フェロモン香水の効果をアップさせたいからといって、フェロモン効果のある精油を過度に入れすぎてしまうと、香りがきつすぎてしまい、逆効果になる可能性も。

 

男性の多くは強い香水の香りが苦手なので、あくまでもさりげなく香らせて、自然に男性を惹きつけさせるためにも、フェロモン効果のある精油の量は適量を守ってくださいね。

 

あまりにも量が多いと、精油の効果を強すぎてしまい、頭痛や吐き気などの体調不良を起こす危険性もあるので、調合する量には十分に注意しましょう。

 

 

<作り方も簡単な手作りフェロモン香水で、魅力をアップさせましょう>

 

フェロモン香水の作り方って意外とシンプルで簡単で試してみたくなりますよね!

 

市販されている本格的な人気のフェロモン香水を購入することを迷っている人も、手作りのフェロモン香水なら、誰にもばれる心配はありませんし、気軽な気持ちで始めやすいのも嬉しいです。

 

フェロモン香水の基本の作り方になれてくれば、自分の好みに合わせて量を調合して、色々なフェロモン香水を楽しむことができるので、興味がある人はぜひ作ってみてくださいね!

 

>>リビドーロゼは効かない!?【よく効く年齢層なんてあるの?】

このページの先頭へ